スポーツ

紀平梨花なぜ北京五輪絶望の理由・代表選考基準とは?『フィギュアスケート全日本選手権』欠場

女子フィギュア界のエースとして2022北京オリンピックで、

金メダルが期待されていた紀平梨花選手の骨折が完治せず、

選考会となる大会欠場で五輪が絶望的になってしまいました。

フィギュアスケートの選考基準が気になったので調べていきます。

 

スポンサードリンク

紀平梨花が五輪絶望の理由、代表選考基準とは?

by Instagram

紀平梨花選手は今年7月に発覚した骨折が完治せず、北京オリンピックの日本代表最終選考を兼ねた

『フィギュアスケート全日本選手権』(さいたまスーパーアリーナで12/23開幕)を欠場すると発表し北京への道が閉ざされてしまったと報道されています。

前年の全日本選手権の覇者で、現在の女子日本フィギュアにおいて唯一4回転ジャンプを成功させている実力も実績もあるのに、

なぜ紀平梨花選手は北京五輪出場が絶望なの?って思いますよね。

そこには日本スケート連盟が代表選考する際に基準としているものがあるからなんです。

 

2021年12月15日に修正された最新の情報をみていきましょう。

2021-2022 シーズン フィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準

国際競技会派遣選手は、以下の選考基準に従い、強化部において候補を決定し、 フィギュア委員会及び理事会、選考委員会の承認を経て確定するものとする。

 

1. 第 24 回オリンピック冬季競技大会 (男女シングル 3 枠・ペア 1 枠・アイスダンス 1 枠) 全日本選手権大会終了時に、オリンピック参加有資格者*1の中から、以下の選考方法で決定する。

(1)男女シングル

①全日本選手権大会優勝者を選考する。

②以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して 1 名選考する。

A) 全日本選手権大会2位、3位の選手

B) ISU グランプリファイナル出場権獲得者上位2名

C) 全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンベストスコア上位3名

③以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して、①、②で選考された選手を含め 3名に達するまで選考する。

A) ②の A)B)C)に該当し、②の選考から漏れた選手

B) 全日本選手権大会終了時点での ISU ワールドスタンディング上位3名

C) 全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンワールドランキング上位3名

D) 全日本選手権までに強化部が派遣した国際競技会、および強化部が指定した国内競技会*2における シーズンベストテクニカルスコア*3上位 2 名

(引用元:https://www.skatingjapan.or.jp/)

まず、全日本選手権優勝者は無条件で北京オリンピック確定ですが、

残りの2枠についても以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して 1 名選考とありますね。

 

A) 全日本選手権大会2位、3位の選手

B) ISU グランプリファイナル出場権獲得者上位2名

C) 全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンベストスコア上位3名

 

Bの『ISU グランプリファイナル出場権獲得者』上位2名とあるので、ISUグランプリファイナルについて調べてみます。

ISUグランプリシリーズ(ISU Grand Prix of Figure Skating)は、国際スケート連盟(ISU)が承認するフィギュアスケートのシリーズ戦。

前年度の成績などにより出場資格を満たした選手たちが出場する、それぞれアメリカ、カナダ、中国、フランス、ロシア、日本で開催される6大会と、6大会の上位選手が出場するグランプリファイナルを含めた総称。(引用元:ウィキペディア)

このISUグランプリシリーズで、獲得ポイント上位6名までに入った選手がグランプリファイナル出場権を獲得出来ますが、その選手が多数いた場合は、上位2名に絞るよということですよね。

グランプリファイナル出場者を確認すると

坂本花織選手(24ポイント)が上位6名に入っていて、三原舞依選手(18ポイント)もサブ(補欠)ながら選出されています。(サブは7位〜9位)

※トップはロシアのカミラ・ワリエワ選手とアンナ・シェルバコワ選手の30ポイント

また、Cの全日本選手権大会終了時点での『 ISU シーズンベストスコア上位3名』とあります。

シーズンベストスコア上位3名は

坂本花織選手 223.34 (7位)、三原舞依選手 214.95(14位)、宮原知子選手 209.57(17位)です。

※トップはロシアのカミラ・ワリエワ選手でなんと、272.71と言いますから世界との差を感じてしまいます。

ちなみに紀平選手の昨年の全日本選手権優勝時のスコアは234.24で、世界のトップには及ばないものの日本トップクラスなのは間違いないですから残念です。

 

日本スケート連盟の選考基準でチェックしてきましたが、紀平梨花選手は骨折の為に今シーズンのGPは欠場していますから、

『A・B・C』の選考基準を満たしていないことになり北京五輪出場が絶望的となってしまったんですね。

 

スポンサードリンク
 

たらればを言っても仕方ないですが、日本選手権に出場していたとしたら・・・

もうひとつの選考基準である

総合的に判断して、①、②で選考された選手を含め 3名に達するまで選考するというところでの選出となったかもしれません。

A) ②の A)B)C)に該当し、②の選考から漏れた選手

B) 全日本選手権大会終了時点での ISU ワールドスタンディング上位3名

どういうことかというと、紀平選手は現在、ワールドスタンディングで日本人2位(1位は坂本花織)につけており、総合的に判断されて選出する可能性は大。(引用元:東スポ)

だったからなんですね。

また、

世界選手権で過去に3位以内の実績を残していれば、今大会を欠場しても対象となったのだが、紀平は2019年の4位が最高のためそれに該当しないという。

(引用元:Yahooニュース)

というものもあるようですが、惜しくも該当しないようですから、今は治療に専念してしっかりと治して欲しいですね。

紀平梨花『フィギュアスケート全日本選手権』欠場のネットの反応

悔しいですが、ロシアでは紀平さん以外は眼中にないって事で、やはり3A&4回転という武器がない選手では世界の舞台では戦えないという現実を改めて突き付けられましたね…。
残念無念と言うしか言葉が出ない。
ジャンプの着地のたびに足の負担が大きな競技だけに致し方ない。
致命的な怪我を負ってしまった以上は完治を待つしかないだろう。
気持ちを切り替えて新たな目標に向かってほしいだけだ。
紀平はまだ19歳だしオリンピックだけが大会ではないので怪我を完全に治してから世界選手権などを目指してもらいたいですね。
紀平なら4回転も出来ると思うし日本で唯一ロシアと勝負が出来る選手なので今後の活躍を期待します。

現在の女子フィギュアで世界を取っている選手は10代が中心なので、20歳を過ぎると不利なんて意見もありますが、

可能性はゼロではないはずですから、次のオリンピック目指してまずは怪我の完治を願っていきましょう!

 

スポンサードリンク

紀平梨花なぜ北京五輪絶望なのか代表選考基準とは?まとめ

『フィギュアスケート全日本選手権』を骨折のため、欠場となった紀平選手がオリンピック出場がなぜ絶望的なのか調べてきました。

まとめると、

日本スケート連盟の定める代表選手選考基準を満たしていなかった。

となりました。

実力も実績もあり、まだ19歳ですからしっかり治して私たちにまた素晴らしいスケート演技を見せて欲しいですね!

三浦璃来の彼氏・結婚は?かわいい画像、家族構成・学歴も『2022北京五輪フィギュアペア日本代表』2022年の北京五輪のフィギュアスケートペア日本代表に選ばれた 三浦璃来(みうら りく)選手(画像)がかわいいと話題ですね! ...