<景品表示法に基づく表記〉本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

イベント

千曲花火大会2023の穴場スポット!場所取りにおすすめの駐車場も!

千曲川(ちくまがわ)納涼煙火大会は長野県内でも大規模な花火大会です。

打ち上げ場所が山々に囲まれているため、他の花火大会では感じることの出来ない音の反響が楽しめます。

10号早打ち、水中花火やミュージック花火、圧巻のグランドフィナーレの約300mのナイアガラの滝まで、見る人を魅了します。

千曲川花火大会2023の日程・期間はいつ?終わる時間は?

2023年の千曲川花火大会の日程や期間、終わる時間など、概要をまとめてみます。

花火大会名 2023年千曲川納涼煙火大会
日程 2023年8月7日 ※荒天の場合:中止(小雨決行)
時間 午後7時30分から午後9時
打ち上げ発数 約10,000発
住所 長野県千曲市 / 戸倉上山田温泉千曲川河畔
交通規制 17:00~22:00
駐車場 1,100台 有料・無料

 

千曲川花火大会2023の穴場スポット

それでは千曲川花火大会の、花火が良く見える穴場スポットをお送りします。混雑を避けたいという方には絶対におすすめですよ。

①万葉の里スポーツエリア

花火大会会場からは少し離れますが、混雑している場所が苦手な人にはお勧めの穴場スポットです。

ただし、グランドフィナーレの全長約300mのナイアガラの滝については、位置的に見ることが困難なので、その点にはご注意ください。

② 大西緑地公園

花火の打ち上げ場所から反対側にある公園ですが、周囲に視界を遮るものがないため、花火を見るには影響ありません。

こちらも公園内に遊具があるので、お子様連れのファミリーにとっては昼夜合わせて楽しむことができる穴場スポットです。

③ 戸倉宿キティ―パーク

立地的に高台にあるため、花火大会会場となる千曲川を一望できます。

公園内には滑り台などの遊具やヤギ、ウサギも飼育されており、昼間は子供と遊び、夜は花火を楽しむというのもダブルで楽しめます。

敷地が広いのでビュースポットを見つけられれば、のんびり花火を見ることが期待できます。

千曲川花火大会2023場所取りにおすすめの駐車場

千曲川納涼煙火大会 の駐車場は、市で用意している臨時駐車場800台(無料)、300台(有料)があります。

・上山田文化会館南側駐車場:60台
・上山田庁舎:60台
・千曲市ふれあい福祉センター:50台
・戸倉庁舎:60台
・戸倉総合体育館:200台
・戸倉総合体育館第二駐車場:200台
・旧名月荘:60台
・白鳥園南:60台
(駐車場の入退場は誘導員等の指示に従ってください。)

駐車場には、限りがあるので、早めにチェックしておくことをお勧めします。

また花火大会は混雑必至なので、駐車場を先に予約しておくと、当日「停められない!」ってことにならずに安心して楽しめるので、パーキング予約なら特P(とくぴー)で駐車場を事前に探して予約しておくこともおすすめします。

特Pを利用するメリットはたくさんあるんです。


駐車場を事前に予約できて、必ず停められる

駐車場は30日前から予約することができます

事前に駐車場が確保できていて、必ず停められますので、駐車場を探してまわって、待ち合わせやイベントの時間に遅れるなんていうことはありません。

・コインパーキングより格安

特Pの魅力はなんといっても、コインパーキングよりとっても安いことです。

・事前の自動決済で当日の支払いがないからラク

コインパーキングを利用すると、当日駐車場を出る時に必ず現金で清算をしますよね。

特Pはオンライン決済なので、事前に登録しておいたクレジットカードで支払いを済ませておくので、当日のお札や硬貨の準備が不要で、ストレスフリーなのが嬉しいですよね。

領収書も出せるのでご安心を。

見慣れない土地に行って、空きがあるかどうかを探すのは至難の業です。

特Pは実際の駐車場の画像が見られて、「この場所が駐車できる場所」と表示してくれているので、とっても分かりやすいので私もよく使っています。

予約時間内であれば出し入れも可能なことがあるのも嬉しいですよね!(※駐車場によってはできない場合もあるので、その都度確認してみてください)

花火大千曲川花火大会2023の穴場スポット!場所取りにおすすめの駐車場まとめ

穴場スポットと近くの駐車場をおさえておくのは、花火大会には必須です。

早目に出発したりホテルで1泊するなどして、混雑を避けて当日を楽しんで下さいね。