<景品表示法に基づく表記〉本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。

イベント

大阪天神祭2023に屋台はある?営業時間はいつで出店場所も紹介!

4年ぶりに行われる、2023年の大阪天神祭り(てんじんまつり、てんじんさい)は、京都の祇園祭・東京の神田祭とならぶ、日本三大祭りのひとつとして有名です。

食べ物が美味しい大阪ですから、屋台グルメは絶対に外せないですよね。

今回は、大阪天神祭りに行くのが初めて!という方でも失敗なく楽しめるように、天神祭本宮の花火大会の日の情報を集めてみました。

大阪天神祭り2023の日程・時間・概要

2023年の大阪天神祭りの日程や時間、概要です。

日程 2023年7月24日(月)・25日(火)
開催場所 大阪天満宮

大阪府大阪市北区天神橋2-1-8

花火大会日程・時間 7月25日(火)19:30~21:00
打ち上げ発数 5000発
例年の来場者 約130万人
荒天の場合 中止で順延は無し

7月24日は天神祭宵宮祭が行われます。

7月25日の奉納花火は、新型コロナウイルスの感染対策で4年ぶりの開催となるため、相当な混雑が予想されます。

大阪天神祭り2023の屋台の営業時間はいつ?

大阪ですから、どの屋台も美味しそうで期待が高まりますよね。もちろん今年も屋台の出店がありますので楽しみですね。

屋台の営業時間はこちら

午前11時~23時頃まで

7月24日(月)と25日(火)の両日とも屋台の出店があります。

9時頃から出店しているという情報もありました。夜は23時を待たず営業が終了してしまう屋台もあるので、時間に余裕をもって行った方がよさそうです。

では、屋台がどの場所に出店されているのかご紹介しましょう。

大阪天神祭り2023の屋台の出店場所

それでは大阪天神祭りの屋台が出店する場所です。例年約500店舗ほどの出店があるので、食べ歩きし放題ですよ!

天神橋筋商店街

とにかく屋台を楽しみたい!という方は、この天神橋筋商店街を目指しましょう。電車で向かう方は、最寄り駅の南森町駅や大阪天満宮駅を利用すると近いですよ。

日本で一番長い商店街として有名で、ここには屋台がずらーっと並びます。

大川の川沿い

天神橋のすぐそばにある船着き場から、約100隻を超える船がゆっくりと大川へと漕ぎ出す船渡御(ふなとぎょ)があります。

その大川の川沿いにもたくさんの屋台が並ぶので、これを見たい方におすすめの場所ですね。

大阪天満宮境内

大阪天満宮の境内にもたくさんの出店があります。

大阪天神祭2023屋台グルメ

大阪の天神祭りの屋台は、トロトロのたこ焼きやソース焼きそば、串カツなどの伝統的な食べ物から、チョコバナナやリンゴあめなどのスイーツ、遊び・ゲームなど多くの種類が出店しています。

その中でもぜひ食べて欲しいのが、大阪天満宮の境内で食べられる、福岡名物の梅ヶ枝餅(うめがえもち)です。

大阪で福岡名物が味わえるのはラッキーですよね。ぜひお試しください。

その他には、ハンドスピナーだけを取り扱っている屋台もあるんです。ちょっと珍しいですよね?大阪あるあるでしょうか?

子供に人気のイメージが強いですが、お祭りですから、大人も一緒に遊んでみても良いかもしれないですね。