変異種コロナってなに?国内感染者はどんな症状なの?致死率も気になる

既に国内でも感染が確認されてしまった、変異種コロナ。

新型コロナウィルスが収束するどころか、猛威を振るって、感染者はこの1か月でどんどん増えつづけていますよね。

外出もできないほど恐ろしい環境のなか、さらなる新しいコロナウィルスの正体はなんなのでしょうか?

この記事を最後までお読みいただくと、変異種コロナウィルスはなにものなのか?

国内感染者がすでに15名に増えているということや、変異種コロナウィルスにかかると、どんな症状がでるのか?

また致死率なども気になりますよね。敵を知ってしっかりと対策をとっていきましょう。

スポンサードリンク

新型コロナウィルスの変異種って なにもの?

by https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-55391842

変異種コロナウィルスの名称は「 VUI-202012/01

国内感染者は2020年12月28日で、すでに15名になってしまいました。

国内で初めて感染したという情報が入ってきたのが、 2020年12月25日に5名

次にニュースが入ってきた28日には、 15名になっていたんです。

国内に感染者している人が、まだ他にもいるんじゃないか?と思ってしまいます。

新型コロナウィルス変異種が初めて発見されたのは、2020年9月のイングランドでのことです。イングランド東部、南東部、ロンドンで感染が急増したんです。

この「 変異」とは、ウイルスの遺伝情報が書き換わることをいいます。

今回の新型コロナウイルスの変異の場合は、新型コロナウイルスの RNA の「文字」が書き換わるそうなんです。

そこに記載されている情報が変わる

その情報をもとに作り出されるタンパク質が変わる

そのタンパク質がになっている色々な機能が変わることがあるようです

このようにして変異していくんですね。

ウイルスというものは、変異を繰り返す性質を持っているといいます。新型コロナウイルスは、これまでに数千種類の変異種が確認されているという話もあるんです。

なので、イギリスで確認された変異種が初めてというわけではなく、常に変異しているので また新しい変異種の流行も考えられるということです。

ここで注意するべきことは、変異によって感染力も変わったり、ウィルスの増えやすさもかわっていくということです。

ですから 治療薬やワクチンが、上手く効かなくなったりするという変化も起こるようです。

どんな症状なのか

by https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/12/11-48.php

不明な点が多い変異種コロナウィルスですので、はっきりとした結果が得られていないようです。

イギリスのジョンソン英首相

まだ多くの不明点がある、より致命的なものか、より重篤な病気を引き起こすかということを示唆する証拠はない。

イングランド公衆衛生庁(PHE)

新型コロナウイルスの変異種は、通常型のウイルスよりも深刻な症状をもたらす様子は見受けられない。

イギリスから帰国された日本人が感染したというニュースがはいりましたよね。
みなさんの症状は、無症状の方もいれば、発熱やせき、倦怠感ということで、 既存の新型コロナウィルスと変わりない症状のようですね。

致死率はどうなのか?

変異種が流行しているイギリスの研究では、 初めに流行した新型コロナウィルスよりも感染力が高いので もちろん致死率も高い可能性があると伝えています。

まだ「可能性」という言葉使っているので、確定ではないようですね。

感染力が高いとは言いますが、一体どれくらい高いのでしょうか?

ロンドン大学のモニタリングセンターは、既存の新型コロナウイルスより変異種コロナウィルスの方が、 感染力が56%強いという結果が出ています。

ただ、致死率も高い可能性があるという発表だけで、正確な数値はまだ出ていないようですね。

けれどイギリス当局では、変異種コロナウィルスの 感染力が70%強い、という発表もあるようです。これが日本で本当に広まったら、一体どうなってしまうんでしょうか。

間違いなく、医療崩壊が起きてしまいますよね。

しかも 子供への感染リスクも高いということですから、学校などで集団感染してしまったらと思うと、恐ろしすぎます。

子どもも大人と同じように感染するようですので、多くのどもの感染が予想されるという事を考えて、 密にならないように、大人が配慮していく必要があると感じます。

イギリスの現在の感染者の7割は、この変異種コロナウィルスだそうです。

2020年12月29日、新型コロナウイルスの感染者が 5万人超え だというのです!

感染者が増えれば致死率も必然的に増えるという印象ですが、

現時点では、この変異種コロナウィルスは、 致死率や重症化率に、既存の新型コロナウィルスとの大きな変化は確認されていないというのです。

ということは、 必要以上に怖がることはないということですよね。

もちろん感染は拡大していますし、感染率も高いので、十分注意する必要があります。

しかし、今までと同じように既存の予防策を怠らないことが大切と呼び掛けています。

新年を迎える時期なので、皆さん一緒に気を付けていきましょうね!

スポンサードリンク

まとめ

2020年が始まってから、新型コロナウィルスのニュースを観なかった日は、1日もありませんでしたね。

今回は、国内感染者が増えていること

変異種コロナウィルスにかかると、どんな症状がでるのか?

致死率はどうなのか?について調べてみました。

感染率が高いという事に関しては、今まで以上の注意が必要になりますが、

まだ分かっていないことも多いので、怖がり過ぎることはないですね。

マスクの着用は絶対!手洗いうがいも、お互いに声をかけあって、予防すれば乗り越えられます!

1日も早く、平和な世界が訪れるよう、願います。

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする