【ルパンの娘】の生きづらそうな人どんぐりって誰?インパクト女優の経歴

木曜劇場【ルパンの娘】で

現在大活躍の女優

どんぐりさん

ひとめ見た時から

この方だれ⁉

と印象に残って気になった方も

多いのではないでしょうか

これを読めば彼女のファンになること

間違いなしです!

さっそく調べていきたいと思います

スポンサードリンク

ルパンの娘に出演「どんぐり」さんのプロフィール

by Instagram

本名:竹原 芳子(たけはら よしこ)

芸名:どんぐり

生年月日:1960年2月10日

年齢:60歳(2020年10月現在)

出身:大阪府

身長:150cm

血液型:B型

職業:女優、元お笑いタレント、アマチュア落語家

高座名:西天満亭どんぐり

事務所:映画24区

元お笑いタレントで

アマチュア落語家で女優の60歳なんて

一体どんな人なんでしょう?

魅力的すぎます!

「生きづらそうな人」でキャスティングされたどんぐりさん

2017年に大ヒットとなった映画

「カメラを止めるな!」

日本映画界に 「カメ止め旋風」

巻き起こりました

この映画でどんぐりさんの人生が

変わったのです

2017年の映画「退屈な日々にさようならを」の

舞台挨拶を観に行った時

「映画づくりってすてきやな」

と心魅かれたのです

次のプロジェクトの参加者募集をして

いたので応募したのが、この

『カメラを止めるな!』だったんですね

上田慎一郎監督は

「生きづらそうな人」を出演者に選んだ

というのです

無名の俳優をオーディションした

というこの作品

生きづらそうな人を選ぶって

なんだかすごい発想ですよね

さすが監督です

2018年には東京国際映画祭で

レッドカーペットを歩き

イタリアやインドネシアの映画祭にも

行っています

自身を背が小さくて

目も小さい

声もコンプレックスだったと

言います

ずっと生きづらいと思ってきた

けれど

この作品のおかげで

一気に人生が変わり

生き易くなったと言えるようになったんですね

たくさんの苦労を重ねてきた

どんぐりさんの言葉だからこそ

響くものがあります

インパクト女優の経歴がすごい!

by Instagram

20歳 短大卒業後 証券会社の営業

短大を卒業して20歳の時

証券会社の営業職へ就職されます

21歳で芸人を夢見て

NSC大阪校第1期生に応募

したかったのですが

周囲の反対で断念してしまったんですね

証券会社で主任の肩書まで

つきましたが

他にももっと自分に向いている

仕事があるんじゃないか?

と考える様になり

会社を辞めて派遣会社へ登録します

バリバリのキャリアウーマン

だったんですね

派遣先で事務と並行して習い事

派遣先では事務、受付

販売促進などを経験されます

仕事のかたわら

習い事にもとにかく「これ!」と

思うものがあれば

すぐに飛びつく性格のようです

書道、そろばん、オルガン

フラワーアレンジメント

社交ダンスなどなど

その道の講師になりたいと思い

どれも始めますが

長続きしなかったのです

40歳 裁判所の準職員

その後40歳で裁判所の臨時事務官として

採用され仕事が始まると

「自分の伝えたい事が伝わらない」

もどかしさに悩まされ

ここでもまた「話し方教室」へ

通います

自己啓発においてどん欲ですよね

そこの先生が「話の基本は落語です」と

落語への出会いへと導いてくれたんですね

落語家との出会い

2007年から「落語家教室」へ通われます

まだ習うんですね!!?すごすぎます!

これをきっかけに

話すことの楽しさに魅了され

裁判所勤務のかたわら

高座に上がるようになられます

アマチュアの落語コンテストで

審査員特別賞をもらった実力の

持ち主でもあるなんて驚きです

50歳 夢だった芸人へ

約30年越しに

一度はあきらめかけた芸人を

2010年 NSC大阪校に33期生として

みごと入所することになります

この時すでに50歳!!

自分への挑戦が止まりませんね

しかも同期が

コロコロチキチキペッパーズや

霜降り明星などの若手芸人なところも

またネタになりそうです

入所できたからといって

必ず卒業できるというものではない

そうです

卒業することを目標にし

無事に達成されるところもかっこいい!

苦労の末、無事に芸人になられました

女優人生の始まり

演技を意識し始めたのは

55歳ででた落語の大会でのこと

落語家の林家花丸さんが審査員を務めて

いました

その時に言われた言葉がきっかけ

だったのです

 「落語家になろうと思ったら

弟子入りしなくてはいけないが

演技は肩書も師匠もいらない。

そのころから役者を意識し始めました」

掲載元:https://www.sankei.com/premium/news/181229/prm1812290010-n1.html

このころには女優になろうと

活動されていたんですね

55歳という年齢で

簡単にできる決断では

ないですよね

いまや落語やお笑い芸人を経て

今や映画にドラマに出演されるほどの

女優さんになられています

自分はこのままでいいんだ

これが自分の個性なんだと

認めることが出来たんですね

とても可愛いどんぐりさん

とてもチャーミングな方で

すごく印象に残ります

裁判所に勤務する前

習い事で笑顔教室なるものに

入ったのです

その内容は

「笑顔で、心の持ちようや生き方を変える」

というもの

彼女がいまこうして

いつでもとびきりの笑顔で

みんなを元気にしてくれるのは

この習い事のおかげだったのかも

しれませんね

スポンサードリンク

まとめ

今回は女優の「どんぐり」さん

についてまとめてみました

プロフィール

苦労をされてきてもなお

自分が本当にやりたいことをやる!

という強い意志に心打たれます

これからも思う存分

自分のやりたいことを

貫いてください

最後までお読みいただきありがとうございました

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする